スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

奈良の食文化研究会の総会・交流会

一応、理事なんで、NPO法人奈良の食文化研究会の総会・交流会に参加してきました。中高年の方が多い集まりですが、みなさんの奈良の食文化に関する造詣はすごいものがあります。いつか、奈良の食プロジェクトで、奈良の食文化研究会の方にお話しいただいたり、交流を持つ場を設けたいと思うのですが・・・。

さて、交流会では、清酒「春鹿」の今西清兵衛商店の会長さんの講演がありました。奈良のお酒の話・・・昔(平安~室町時代)は奈良がお酒の本場でした。また、江戸へ出荷できる江戸酒(下り酒)が上等のお酒で、出荷できない地酒(下らない酒)が下等のお酒(「下らない」の語源)。でも、江戸への出荷に海運が使えなかった奈良の酒は次第に衰退したのでした。

そして、清酒「奈良の八重桜」のお話し。「ナラノヤエザクラ」から取った天然酵母を使っているため、発酵力が弱く、アルコール度数を普通の日本酒ほどにはできないとか。また、今回で終わりではなく、奈良県産のお米を使って造るなど、さらに開発を進めていきたいそうです。

奈良の八重桜

本当は、奈良の食プロジェクトでも「奈良の八重桜」の試飲会を開きたい所ですが、メンバーのほとんどが未成年ですから・・・。
スポンサーサイト

Tag : 奈良の食文化研究会 奈良の八重桜

拍手する

奈良の食に関する色々なプロジェクトと研究会

奈良の食を扱う学内外のプロジェクト・研究会がいくつもあってややこしいので、整理しておきます。

学内

奈良の食プロジェクト:本プロジェクトです。奈良女子大学生活観光現代GPのアドバンスプログラムとして運営しており、キャリアデザイン・ゼミナールB(11)「奈良の食をさぐる」の関連プログラムでもあります。2008年4月に発足しました。母体となる生活観光現代GPの期限は2010年3月ですが、その後も活動を続けていく予定です。テーマ別にいくつものチームがあり、並行して活動を進めています。学外向けの活動としては、2008年12月のセブン-イレブン「ならならのお弁当」開発や、間もなく発売の「奈良のかすていら」開発などがあります。「奈良漬プロジェクト」の後継とも言えるのですが、「奈良漬プロジェクト」終了時点では、「奈良の食プロジェクト」に引き継ぐことにはなっていなかったので、一応、別のプロジェクトと言うことになっています。

奈良漬プロジェクト:2006年6月に発足し、2008年3月まで活動を行っていたプロジェクトです。奈良女子大学地域女性現代GPのアドバンスプログラムとして運営していました。学外向けの活動としては2006年12月の「奈良漬レシピ発表会」や2007年8月の「奈良漬アイス」開発などがあります。奈良漬アイスが地域社会に与えたインパクトは非常に大きなものでした。その遺産は奈良の食プロジェクトに受け継がれ、例えば、「奈良のかすていら」の原型も「奈良漬プロジェクト」で開発されたものですし、シンボルマークの「ラブシカ」も「奈良漬プロジェクト」の活動で生まれたものです。ちなみに「奈良漬け」ではなく、「奈良漬」と表記することになっています。

奈良八重桜PJ(プロジェクト):奈良女の校章にも入っている奈良の県花「ナラノヤエザクラ」から取った酵母でお酒を造ることを目的に、2006年に始まったプロジェクトです。社会連携推進室の藤野先生を中心に、理学部生物科学科の先生と学生、奈良県工業技術センター、そして「春鹿」で有名な今西清兵衛商店の共同開発で、清酒「奈良の八重桜」を作ることに成功しました。残念ながら、奈良の食プロジェクトとの関係はありません。

学外

奈良の食文化研究会:奈良の食文化に興味を持つ産学関係者や一般の人たちで作っているNPO法人です。1996年5月に誕生、2001年12月にNPO法人化。奈良新聞に食文化に関する記事を連載し、「出会い大和の味」として書籍化しています。奈良の食プロジェクトの担当教員が理事を務めていますが、活動での接点はありません。

『なら食』研究会:こちらも奈良の食文化に興味を持つ人たちで作っているNPO法人です。2005年4月設立。奈良の食プロジェクトと名前がよく似ていますが、全く関係ありません。

存在しないプロジェクト

奈良のうまいものプロジェクト:2009年2月22日放映のTBS系「大学発!!希望のグルメ 目からウロコの新発想」で本プロジェクトの名称が「奈良のうまいものプロジェクト」と間違って放送されました。

Tag : 奈良漬プロジェクト 奈良八重桜PJ 奈良の食文化研究会

拍手する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。