スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

奈良の食文化研究会の総会・交流会

一応、理事なんで、NPO法人奈良の食文化研究会の総会・交流会に参加してきました。中高年の方が多い集まりですが、みなさんの奈良の食文化に関する造詣はすごいものがあります。いつか、奈良の食プロジェクトで、奈良の食文化研究会の方にお話しいただいたり、交流を持つ場を設けたいと思うのですが・・・。

さて、交流会では、清酒「春鹿」の今西清兵衛商店の会長さんの講演がありました。奈良のお酒の話・・・昔(平安~室町時代)は奈良がお酒の本場でした。また、江戸へ出荷できる江戸酒(下り酒)が上等のお酒で、出荷できない地酒(下らない酒)が下等のお酒(「下らない」の語源)。でも、江戸への出荷に海運が使えなかった奈良の酒は次第に衰退したのでした。

そして、清酒「奈良の八重桜」のお話し。「ナラノヤエザクラ」から取った天然酵母を使っているため、発酵力が弱く、アルコール度数を普通の日本酒ほどにはできないとか。また、今回で終わりではなく、奈良県産のお米を使って造るなど、さらに開発を進めていきたいそうです。

奈良の八重桜

本当は、奈良の食プロジェクトでも「奈良の八重桜」の試飲会を開きたい所ですが、メンバーのほとんどが未成年ですから・・・。

Tag : 奈良の食文化研究会 奈良の八重桜

拍手する

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。