スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拍手する

下北山村見学会

大和野菜「下北春まな」で知られる下北山村。今日は、ならコープの方々と一緒に下北山村の産地見学を行いました。

20130217-01<br />s.jpg

下北山村は奈良県の最南東端。隣は三重県と和歌山県です。村の中心を流れ、太平洋に注ぐ熊野川には「池原ダム」という大きなダムができています。

20130217-02<br />s.jpg

ダムの「元」下流側に広がる「元」流路には「きなりの郷 下北山スポーツ公園」が広がっています。「元」というのは、このダム自体からは放流が全くされていないからです。ダムの反対側に水力発電所と放水路が作られています。スポーツ公園には温泉や宿泊施設もあり、合宿などに利用されています。

20130217-03s.jpg

きなりの郷では、春まなづくしの昼食。春まなの粉を練り込んだうどん、春まなの粉をまぶした天ぷら、春まなの粉を入れたごま豆腐、春まなの粉を入れたアイスクリーム。

20130217-04s.jpg

そして、もちろん、春まなの葉っぱで巻いた「まなめはり」。

20130217-05s.jpg

昼食後は、村役場を訪問した後、いよいよ、下北春まなの畑に。

20130217-06s.jpg

下北春まなの葉っぱは大和まなとは全然違い、丸くて大きいのが特徴です。

20130217-07s.jpg

生産者の方と記念撮影。

jabara01s.jpg

下北春まな以外に、柑橘類の一種「じゃばら」も作っておられます。「じゃばら」は南隣の和歌山県北山村原産ですが、今では各地に広がり、ここ下北山村でも作られています。

jabara02s.jpg

断面はこんな感じ。絞るとすっぱい果汁が出てきますが、みかんほどジューシーではありません。「花粉症に効く」という説があって、最近、よく売れているそうです。

拍手する

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。